香龍師範の筆文字の独り言


タグ:四国別格二十番霊場 ( 11 ) タグの人気記事



四国別格二十霊場巡り 4日目 大瀧寺

四国別格二十霊場巡り 4日目 大瀧寺さんです。

讃岐の国の四ヶ寺の参拝を終え、バスは一路四国山脈を這うように
連なる道を走り続けるのです。

a0093343_1781450.jpg


厳しい生活環境の中でも、人々の生活はしっかりと根付いています。
なんとかヒルズだとか、○○○タウンだとか、華やかなスポットライトに照らし出される
所にばかり目が奪われますが、大地を耕して、雨風に向って立つ人間の方が
豊かな生き方なのではないかなどと、考えさせられました。


大瀧寺のご本堂とお大師堂です。

a0093343_17144829.jpg


a0093343_17151668.jpg


最後のお勤めを終え、バスに乗り込んですぐにまさに天は漆黒に、
雨が、風が邪成る思いを洗い流してくれるようです。
満願のお祝いなのでしょうか?

a0093343_17182628.jpg


そして、ご一緒に旅を続けてくださった方々に、
道中でお会いした方々に、
多々感謝なのです。

a0093343_1721034.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-06-14 17:21 | 巡礼 


四国別格二十霊場巡り 4日目 香西寺

四国別格二十霊場巡り 4日目 香西寺さんです。

海岸寺を後して、瀬戸内の海を眺めながらの車中です。
午前10時過ぎの瀬戸は、曇り空の向こうに島が霞んで見えるのです。

a0093343_1849115.jpg


第19番 香西寺さんです。

a0093343_18514168.jpg


a0093343_18521677.jpg


御本堂にお大師堂です。

広い境内です。
空に向って広がりを感じさせる空間なのです。
修行や祈りの場という感じではなく、ほっと思いを受け止めてくれるような
空間の広がりを感じたのです。

a0093343_1856583.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-06-13 19:00 | 巡礼 


四国別格二十霊場巡り 4日目 神野寺

四国別格二十霊場巡り 4日目 神野寺さんです。

満濃池を望むお寺さんです。
1200年もの昔にこれだけの大工事をやり遂げる、空海上人の力と徳と知識の
集大成のひとつなのだろうと、感じ入っておりました。

a0093343_18342738.jpg


a0093343_18345998.jpg


落ち着きのある境内の片隅にあったお地蔵さんです。

a0093343_18423546.jpg


祈りの原点かもしれません。
そっと手を合わせて・・・・

a0093343_18474121.jpg


満濃池を見おろしていらっしゃるお大師さまです。

a0093343_18482251.jpg


折からの雨が少なく、満濃池の水はかなり水位が下がっておりました。
人々の暮らしを守り慈しんだ満濃池を詠みました。

a0093343_18523045.jpg

 
*旱=ひでり
[PR]
by kkouryu | 2007-06-11 18:55 | 巡礼 


四国別格二十霊場巡り 4日目

お蔭様で無事満願です。
3月から、月に1日のペースで4日間、
御参りの作法や心構えなどを教えていただきながら、
手を合わせ、拙いお経をお唱えしてきました。

春から夏への季節の移ろいを感じることができ、
また、俳句を詠み始めるきっかけをいただきました。

ここのお寺の光景はそれぞれに、
今日は、風景と出来立てホヤホヤ、産地直送の俳句をご覧ください。

朝の瀬戸です。

a0093343_181119.jpg


満濃池です。

a0093343_021392.jpg


四国の山は険しいのです。

a0093343_1823539.jpg



本日の吟行 十句

朝凪に 海染めし陽の ありがたき
鳥啼いて 招き入れたる 夏へんろ
讃岐路に 徳偲びつつ 山若葉
悠久の 水面に渡る 風青し
旱なり 満濃池は 雨を待ち (旱 ひでり)
紫陽花が 咲き染めし寺 閑かなり
朝曇り ぼやけて浮かぶ 嶋遠く
水無月に 砂利踏みしめて 南無大師
満願も 旅続けよと 走り雨
夏立ちて 出会い感謝の へんろ哉

お粗末でございます。

本日雨は最後の大瀧寺のお参りを終えて、バスに乗っている間の
約10分程度土砂降りになりました。
お蔭様で雨にも打たれず、無事帰ってまいりました。

多々感謝。
[PR]
by kkouryu | 2007-06-08 18:13 | 巡礼 


明日は最終日

明日は、四国別格二十霊場巡りの最終日なのです。

第16番萩原寺から二十番大瀧寺までの五ヶ寺を参拝して、成満です。
瀬戸大橋を渡って香川県内四ヶ寺、最後に徳島県の大瀧寺までの行程です。

写経も9枚書き終えました。
明日、朝最後の1枚を書き、出発する予定です。

機会に恵まれ、会社にめっちゃくちゃ無理を言っての旅です。
良い経験をさせていただいております。

お天気もよさそうです。
タッグパートナーのスカイドンさんはお越しになるのか?
それだけが気掛かりですが・・・


a0093343_1914867.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-06-07 19:03 | 巡礼 


四国別格二十霊場巡り 3日目 延命寺

四国別格二十霊場巡り 3日目 第十二番 延命寺

いざり松が有名な延命寺さん
住宅地の中をバスは進むのです。
辿り着いたお寺は、整然として手入れが行き届いた清々しい空間です。
入った瞬間に、鼻からお腹まで大きく息を吸い込んでいました。

a0093343_17585545.jpg


a0093343_17595737.jpg


a0093343_1803577.jpg


a0093343_182468.jpg


このお寺の縁起もお大師様の功徳を知るためには、いいお話です。
ぜひとも、ネット検索をしてみてください。


車窓からの風景です。

a0093343_187940.jpg


小学生時代に、両親の実家に帰省をする道中の楽しみの一つに、
国道11号線沿いにあるドライブイン「りんりんパーク」がありました。
大きな錦鯉がいて、たくさんの車が停まってとても繁盛していたことを覚えています。
ただ、高速道路網が整備されてしまうと、国道11号線は交通の動脈ではなく
生活道路になっております。
そうなると、往時の繁栄は見るべくもなく、関係者の方々には申し訳ないのですが、
寂れて(さびれて)しまって、懐かしさより侘しさを感じてしまいました。
少し行程表を見て楽しみにしていたのですが・・・・・・

a0093343_18162098.jpg


当時の繁栄を知ってか知らずか、錦鯉はゆったりと池の水面を染めながら
泳いでいるのです。
[PR]
by kkouryu | 2007-05-22 17:59 | 巡礼 


四国別格二十霊場巡り 3日目 西山興龍寺

四国別格二十霊場巡り 3日目 西山興龍寺さんです。

山道を幾重にも曲がりながら、辿り着いた所は鬱蒼と木々の茂った
まるで下界とは別世界。
古来からの敬虔なる祈りが、凝縮されたような空間です。

また本堂へ続く道も険しく長く、遍路たちを試しているようでした。

a0093343_5103342.jpg


a0093343_511554.jpg


a0093343_5115444.jpg


ここでの句は二句。

a0093343_5133831.jpg


a0093343_5194470.jpg


途中の道中で通りかかった桜三里は、緑深くそして懐かしい場所でした。
両親の実家に帰省するたびに、父親の運転する車中より見た風景でした。
*桜三里=西條から松山に向う途中の山深い絶景の場所です。

a0093343_522246.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-05-18 23:50 | 巡礼 


四国別格二十霊場巡り 3日目 文殊院

四国別格二十霊場巡り 3日 文殊院さんです。

当日は、朝から曇り空。
瀬戸大橋を渡ると大きな貨物船が数船、ゆったりと進路を東に取っておりました。

a0093343_1517281.jpg


曇り空の朝は何か物憂げで、ゆっくりと時間が過ぎていくのです。

高速道路で一路松山市の文殊院さんへ向うのです。
このお寺は衛門三郎ゆかりのお寺。

a0093343_20212120.jpg


a0093343_20215716.jpg


要するに、お金持ちの因業親爺なのですが、
悔い改めて、生まれ変わり善行を積んだというお話です。
(少しはしょりすぎですが、興味の有る方は色々なホームページで詳しく説明されております
 是非そちらで、お勉強くださればいいのではないかと思います)

このお寺には黒い犬がいました。
お勤めが終わるのを待ち構えたように、足元にじゃれついてくるのです。

a0093343_15241393.jpg


追記
この旅の添乗を担当されている、倉敷中央観光サービスの三宅様より
フリーサイズの白衣をお接待していただきました。

他の人のお遍路さん姿の白衣はあくまでも白衣なのですが、
サービスエリアの鏡の中の小生の白衣は・・・・・・
ちゃんちゃんこの様でもありました。
近日、このブログにてその姿白日の下に晒してみんと思っております。
是非お楽しみください。
[PR]
by kkouryu | 2007-05-17 15:30 | 巡礼 


四国別格二十霊場巡り 3日目

無事帰ってまいりました。
四国別格二十霊場巡り 3日目。

本日はの行程は
第 9番 文殊院
第10番 西山 興龍寺
第11番 生木地蔵 正善寺
第12番 延命寺
第13番 仙龍寺
第14番 椿堂 常福寺
第15番 箸蔵寺

の七ヶ寺をお参りいたしました。
それぞれのお寺のご報告は明日以降といたします。

道中ならびにお寺での句をご紹介します。

物憂げに 行き交う船の 朝涼し
朝曇り へんろの祈りに 犬も添ひ 
病葉も いとほしくあり へんろ哉 (病葉=わくらば)
へんろたび 麦の穐にも 多々感謝 (穐=あき)
代を掻く 人のんびりと 動いてる
緑差す 櫻三里に 父偲ぶ
錦衣を 纏いし鯉の 水面揺れ
山高し 緑香りて 清涼と
鐘を撞く 幼な児包み 薫る風
春は逝く 枯れたる楠は おはします
遍路らを 迎えし松は 咲きて今
道立ちて 拒むが如き 夏木立
山深く 人暮らし居り さやえんどう
五月雨が 人叱りつつ 風に舞う
葉櫻が 四国三郎 一望し
五月雨の 瀬戸を跨ぎて 遍路也

以上16句です。

お四国の風景です。

a0093343_2143382.jpg


a0093343_2152344.jpg


a0093343_216367.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-05-16 23:43 | 巡礼 


書き直しの句 九作

午前中に、ウォーキングおよびゴルフの練習を済ませ、ゆっくりと過ごした後、
昼からは心を鬼にして、過去作品の書き直しに取り掛かりました。

今回の書き直しは、
高蔵寺さんの四国別格二十番霊場巡りの際に吟行した句を、
筆で書き残したものを見直しました。

十八句中、気になるものが九句、
思い切って九句を書き直しました。

へろへろに、疲れ切ってしまったのであります。
書も結構体力がいるのです。

本日、書き直した九句をご覧ください。
無難におとなしく書いていたものを少し思い切りを入れてみました。

a0093343_17521824.jpg


a0093343_17523531.jpg


a0093343_17525549.jpg


a0093343_17531611.jpg


a0093343_17533324.jpg


a0093343_17535088.jpg


a0093343_17551371.jpg


a0093343_17561232.jpg


a0093343_17583619.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-05-04 18:57 |

    

書を始めて十余年       傑作駄作のア・ラ・モード
by kkouryu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31