香龍師範の筆文字の独り言


<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧



引越しをします

長らく、お越しくださいましてありがとうございました。

本日を以ってyahooブログに引っ越すこととなりました。

香龍庵にようお越し 「倉敷龍陣庵社中謹製」
http://blogs.yahoo.co.jp/ninosan23jp

yahooのホームページから、ブログに入ってもらって、
検索のところに 香龍庵 と入れてもらえれば大丈夫です。

たくさんの方々のご来訪、多々感謝です。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-12 18:46 | 右往左往 あれこれ大変


扇面 その三

a0093343_1758569.jpg


扇面その三で御座います。

これは、出来上がりの扇面に自作の歌を2作したためております。
なんとも風情があり、いい感じなのです。
(自分で言ってりゃ、世話がない・・・)

これは、花の東京に旅立つ予定です。
ゼミの教授の元に参ります。

一発勝負なので、あらも見えますがご愛嬌ということで
ご容赦願います。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-11 18:05 |


扇面 その二

京都の扇子屋さんに出していた扇子のその二です。

a0093343_1924062.jpg


晩春の八重桜を見ての一句を、扇面の形の料紙に書きました。
なかなか、趣があって上首尾です。

京都の大学時代の同級生のところに行く予定です。
これは、逆輸入???

毎年、盆暮れに何か作品を送っております。

元気の報せです。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-10 19:06 |


扇面 その一

a0093343_20174096.jpg


扇面に金文にて、「天下泰平」です。
奈良の友人に依頼を受けていたものです。

何を書いているのか、解らないところも味なのです?
今日から、後2枚扇面のご紹介です。

京都の扇子屋さんに仕立てに出していたものです。
書道具屋さんで出来上がりを買ったものと、ほとんど値段は変わりません。

平面に書いたものを、扇子屋さんで加工してもらうのと、
出来上がりのものに書くのとでは、仕上がりが違います。
でこぼこが、いい味を出す場合もありますし、
ただし、書きやすいのは平面に書くほうが簡単です。

一発勝負の緊張感もたまらなく好きなのです。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-09 20:27 |


夏のおでん ありき

2度目の登場の「ありき」です。

まずは写真から、
目で楽しんでください。

a0093343_1853692.jpg


a0093343_186570.jpg


おでんとお刺身です。
大将にお任せいたしました。

その他、軟骨の唐揚げやカレーの唐揚げ、出し巻き卵など頂きました。
どれもおいしく、やっぱり☆5つなのです。

このお店を知るまでは、岡山の居酒屋は2軒を常連にして行っておりました。
一度ここに行ってからは、その店はご無沙汰にしております。

岡山市中央町辺りに行った時には、お立ち寄りください。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-08 18:13 | 食門来福 食して幸せ


筆置きと筆五本

昨日、天神そばで遅めの昼食を取った後、
近くの書道具屋さんの「桂林堂」に立ち寄りました。

中国製の筆を五本、と筆置きを買って2600円少々なのです。

a0093343_16112021.jpg


中筆が三本と小筆二本です。

中国製というと、最近は世界を騒がせておりますが、
筆などの書道具は、コストパフォーマンスに優れております。

たいした腕前でないので、色々な筆を勉強方々使っております。
何本も中国製の筆を使いましたが、
どれも手に合う感じがして好きなのです。

本日はこれから岡山にて飲み会です。
午前様です。
それでは行って参ります。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-07 16:18 | 日々是好日


岡山 天神そば

本日の昼食です。

a0093343_1812335.jpg


岡山でとりあえず中華そばというとまず思い浮かぶのがこの「天神そば」
とにかく狭く、お世辞にもきれいな店ではありません。
カウンター6席、テーブルが2つ、
無理やり全員が肩をすぼめてようやく14人で、ぎゅうぎゅうすし詰め状態になります。

無愛想な親父さんに、暑苦しいおばさん達・・・・・
数ヶ月に一回しか行かないものの、おいらの愛くるしい容姿のせいか
いつからか常連さんの扱いを受けておるのです。

a0093343_18192692.jpg


味は、鶏がらのだし、
ずん胴で好きなだけ炊き込むのです。
佐野さんが見たら、目を血走らせて怒鳴りそうな気がします。
鶏がらの澄んだ上品さは望む術も有りません。
麺は細め、具はチャーシュー、もやし、ねぎ、かまぼこ。
メンマはありません。
卵はご希望で・・・・
写真は、2つ玉 850円也

あれこれ講釈を垂れる必要はなく、
長年ここでこの味でやっています。
なにか文句あるかよ~ みたいな感じです。

どうのこうの言っても、数ヶ月に一回天神そば欠乏症が起きるのです。

本日の会話 A=暑苦しいおばはん B=おいら

B: 写真撮ってもええかな?
A: そばの?
B: 誰がおばはんの写真なんか撮るかいな。
A: 頼まれても、嫌やけど・・・
B: 誰も絶対に頼まへんわぁ

周りのお客さん狭い店内で、肩を震わせて笑いをこらえておりました。

実はこれ、1年ぐらい前のリベンジです。
その日は混んでいて、外に行列していたのです。
店内に入れとおばはんの指示。
順番待ちを終えカウンターがあき、おいらの番と思った途端に、
静寂を打ち破るおばはんの声、
(狭い店内、誰もほとんど会話はありません、ひたすら食うのみなのです)
「大きい人は後にして、次の人がここに座って・・・ 広いとこがすぐあくから」
常連に対する優しさなのかもしれませんが、
10数名のお客さんの好奇の目に晒された、おいらのやるせなさは・・・・

今回の写真は仕込みのネタです。
絶対にあのおばはんは、絡んでくると読んだおいらのリベンジは大成功です。

次回はおとなしく無口で帰りたいと思います。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-06 18:55 | 食門来福 食して幸せ


おぬし何者???? ジャンボタニシ

会社の近くの用水路に異様な物体を発見。

ピンク色の粒々の塊。
見るからに気味が悪いのです。
 
知り合いの吉田のおっちゃんがいたので、聞いてみたのです。

ここからは岡山弁の会話です。

「おっちゃんありゃなんでぇ~」
「ありゃのぉ、ジャンボタニシのたまごじゃ~」
「こげんに大きゅうなるんぞ」と手のひらで大きさを示してくれるのです。
「外来種じゃ~」
「そりゃ欧米じゃが~」
(一部割愛いたしておりますが、概ねこのような会話です)

そこでお昼休みにネットで「ジャンボタニシ」お勉強。
スクミリンゴガイが正式名称で、俗称がジャンボタニシ、
原産地は南米、(欧米じゃが~をここで改め 南米じゃが~)
1980年代に食用目的で輸入し、養殖しようとしたが、
商業ベースに乗らず、放棄した物が繁殖して西日本に広がったそうです。

しげしげと見ているうちに思い出したのが、二十数年前に患ったヘルペスです。
すごく痛かったのです。
あんなのが体に数箇所出ておりました。

気味悪さと痛さが同時に頭をよぎるのです。

画像のアップは帰宅後・・・(今は会社です、ここだけの話し)
撮影失敗してますので、明日アップします。

7/6画像のアップです。

a0093343_1757433.jpg


a0093343_1758035.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-07-05 16:38 | 日々是好日


半夏生

本日の作品です。

この時期に咲く花で、半夏生(ハンゲショウ)という植物があります。
一瞬見たときには、白く可憐な花のように見えるのですが、
実は白くなっているのは、葉の一部です。

ネットで色々な花を見ていると、たくさんアップされていました。
そこで一句。

a0093343_198883.jpg


俳句も書も絶好調なのです。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-04 19:09 | 俳句・短歌


小さな紙に山頭火

本日の作品

またしても山頭火。
小さな紙に書いてみるのです。

a0093343_503720.jpg


a0093343_51426.jpg


a0093343_512038.jpg


a0093343_513531.jpg


上出来なのです。

初見で、一発勝負です。

書き上げたところで、本日はお疲れモード。
更新は7/4の早朝とします。

背中が痛いのです。
エレキバン10枚背負っております。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-03 23:56 | 山頭火 書

    

書を始めて十余年       傑作駄作のア・ラ・モード
by kkouryu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31