香龍師範の筆文字の独り言


カテゴリ:京都風景( 7 )



京都検定

土曜日に、岡山に行った時にシンフォーニーホールの地下の
丸善で何気なく見つけてしまったのがこの本。

a0093343_20441462.jpg


京都検定の公式テキストです。

一度見てみたかったので、思わず買い求めてしまいました。
結構歴史・自然・食・工芸 ・・・・・etc 深く、広いのです。

京の通りの数え歌です。
名探偵コナンのモティーフになっていたと思いますが・・・・
独特の旋律で大好きなのです。

a0093343_2153080.jpg


京都検定が世に出てから、何処もかしこも「検定」ブームなのですが、
他に何か考えることはないのかと思ってしまう、
おいらなのです。

観光といえば、リトル京都やリトル神戸、
同じような発想で、同じようなことをするのです。

ライトアップの、馬鹿の一つ覚えで、
イベントの時の観光客の数だけを競い合う???
賢くないのです。

本当に町を楽しんでもらえて、お金を使ってもらうことを考えるならば、
平日にどれだけの人がそこに来てもらえるかを考えるべきなのです。

たとえば、おいらの住む「倉敷」、いい町です。
観光のオンシーズンにばかり、イベントを企画したがるのです。
狭いエリアに人を詰め込んでも、面白くないし、お金も使ってくれません。

たとえば、倉敷河畔で絵を描いてもらえばいいのです。
イーゼルなどの道具をレンタルしてあげて、
書いた作品は、市のホームページにギャラリーを作ったり、
実際に公民館が美観地区にあるのですが、
そこに一定期間展示をする。


音楽にしても、将棋(大山名人)や吟行・歌会なんでも可能です。
企画一つなのですが・・・・・

やる気のない役人の賢くない頭では右へ習えなのでしょう。
いつまで経っても変わらないような気がするのは・・・・
おいらだけでしょうか?
[PR]
by kkouryu | 2007-06-18 21:06 | 京都風景


紫 式部 

遠方 友より便り(メール)有り
5/12(土) 京都にて

梨木神社にて、「染井」の名水で喉を潤し、
紫式部ゆかりの櫨山寺の庭を独り占めにして、
まったりとした時間を過ごしたとのこと。

*「染井」=京の三名水のひとつ

ちょうどこの辺りは往時(小生の学生時代)、立命館大学の広小路学舎があり、
京の歴史が悠然と、人を見送っているような場所でした。

そして、メールの最後に紫式部の歌が添えられておりました。

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな
(夜半=よは)

a0093343_20471119.jpg


よき友に巡り逢わせてくれた、京の町、母校立命館に感謝の宵でした。


空はさながら青春の 胸に雄図の象なり
溢るる力示すべく えんじの旗をなびかせて
堂々勝ちを争わん 
[PR]
by kkouryu | 2007-05-14 20:55 | 京都風景


京都 四条大宮十字屋サロン

昨日午後からと、本日と足掛け2日間、若旦那の部屋を中心に
不用品のお片付けのに勤しんだのあります。

総勢5人がかりで出た、ダンボールは約20個。
それに廃品回収用に出た衣類も大量にあるのです。
特に多かったのは、ぬいぐるみなどの人形達。
UFOキャッチャーの商品やあれこれ買い求めた物など・・・

昨日は、ひとつひとつ手に取るたびに、あれこれ思い出し
作業は一向に進みません。

本日は、心を鬼にしてとにかく片付ける。
あれこれ迷わず作業に専念するのです。

2回にわたり、空き家にしている家に運び込みました。

ほとんどの作業が終わりかけた頃、
懐かしい紙片2枚。

なんと大学時代のフォークソングサークルの自主公演のチケットが
突然出てきたのです。

a0093343_1817361.jpg


学外サークルで、花園大学、池坊女子短期大学、そして小生の母校
立命館大学の3校の混成のメンバーでした。
四条大宮の十字屋サロンでよくコンサートを開催しておりました。
3回生の頃で一番、京都の町で青春を謳歌していた頃です。
今や見る影もありませんが、181cm、69kg、長髪の小生、
フォークシンガーを気取っておりました。

懐かしさに、こみ上げる思いなのです。
そこで、一首。

a0093343_18265748.jpg


今宵の酒は、いつもより少し早く酔いそうです。
[PR]
by kkouryu | 2007-04-08 18:28 | 京都風景


桜 花冷え

一日、冷たい風が吹き抜けたのであります。
そこで一句。

a0093343_1311321.jpg


最近は一端(いっぱし)の俳人気取りで、ご機嫌なのであります。
思いもよらない寒さに、身を縮めても
桜の花は春を感じさせてくれるのです。
満開の桜の隙間の空を仰ぎ見て、吐く息は新しく始まる生活への気が漲るのです。

京都の桜に思いを寄せて、
有名な与謝野晶子の歌です。
清水から八坂神社、そして円山公園の枝垂れ桜は、
今を盛りに咲き誇り、月とまるで競い合うように・・・
その月夜に、桜を愛でた人々は心が洗われるのです。
そう、こよひ逢ふ人 みなうつくしき

a0093343_131535.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-04-04 22:13 | 京都風景


卒業

今を遡ること25年前、京都での出来事です。

大学の卒業式を終え、ゼミの仲間達と飲みに行こうということになったのですが
学生生活最後の日は、一人で過ごしたくなり京の町を特にあてもなく歩いていたのです。

四条寺町、藤井大丸の南側にある行きつけの喫茶店「ぎやまん」に辿り着きました。
カウンターに座って、お世話になったママさんと思い出話などを
少しセンチメンタルになりながら、話していたのです。
たまたま横に座った方が、ご卒業の記念にと小さな石をくださいました。

沖縄旅行の帰りだそうで、その石は「鈴石」という石でした。

a0093343_2041044.jpg


3X1.5cmぐらいの小さな石ですが、振るとカラカラと小さな音がします。

それから24年間、その石は小生の机のひき出しにしまっていたのです。
時々思い出しては、カラカラと乾いた音と共に、
その日のことを思い出しておりました。

昨年、いつもお世話になっている天野こうゆうさんの個展で買い求めた小物入れの中に
しまって約1年が経ちました。

a0093343_2113964.jpg


今年もこうゆうさんの個展があります。
4/4~4/11 倉敷美観地区 日本郷土玩具館 プラスワンギャラリーです。
今年も、行きたいと思っております。

a0093343_217189.jpg



小物入れには、少し鈴石が大きすぎたので、底のところを少し削っていた時に
若旦那が書斎にやって来て、
「なにをしているの?」
鈴石の説明をし京都の出来事を話して、最後に
「その石をくれた人が、あなたのお母さんなのです」
と言った時には、感動に少し目が潤んでおりました。


少し時間が経ってから
「嘘や、そんな安物のドラマみたいな話はそうそう有るもんちゃうで」
と言い放って少し反省 「やりすぎたかなぁ~」と思いつつ、
絶妙なアドリブに「オイラも腕をあげたなぁ~」とほくそ笑んだのであります。
[PR]
by kkouryu | 2007-03-28 21:31 | 京都風景


すぐき ラブレ乳酸菌

昨日、京都在住のゼミの同級生からすぐきが送られてきました。
20年ぶりのゼミの同窓会で再会し、その記念にと送った手描きのカレンダーの
お返しに送ってもらって以来毎年やり取りをしておるのです。
オイラの大したこともない書のお礼にしては、もったいないほどの品で、申し訳ないと
思いながら毎年やり取りをしているのです。
最近では、植物性の乳酸菌で注目を浴びているラブレ乳酸菌を含む食品として
注目の的です。
a0093343_15361014.jpg


年がばれますが大学を卒業して25年になります。
懐かしい風景がすぐきの酸味の中でよみがえるのです。
またこれが美味。
醤油を少し落として、お好みで味の素をかけます。
小生はこの食べ方が大好きです。
ビールに合うのです。
個人的には、ごはんがごはんが進む君ではなく、ビールを回せ状態になります。
冷酒や焼酎よりもなぜだか小生にはビールが最高です。
a0093343_15364233.jpg


さて今宵もすぐきをあてに、ビールを飲みながら
あの頃の都大路に思いを馳せながら、ほろ酔いの旅を楽しむのです。
あかき血潮 胸に満ちて
若人 真理(まこと)の泉を汲みつ・・・・・・
[PR]
by kkouryu | 2006-12-11 16:13 | 京都風景


明日私は旅に出ます(父子共々)

まずは 業務連絡
若旦那の足首捻挫軽症です。
念のため、小生が通院中の整骨院に昨日連れて行きました。
針とテーピングを施術していただき、週末の練習および試合はOKとの事でした。
お電話を頂いた方々、ご心配をお掛けいたしました。

若旦那は明日から修学旅行
関西方面一周1泊2日の強行軍
京都に宿泊、我が母校の立命館大学の近くの金閣寺へ行くようです。
a0093343_5253693.jpg

小生が京都に遊学中には、金閣寺の金箔が張り替えられる前のことで
損傷が激しかったのですが、今は息を呑む荘厳さです。

小生は仕事の関係で明日から熱海1泊2日出張です。
2日目には西熱海ゴルフ場でコンペです。
温泉にゴルフ ある意味楽しい出張です。
このゴルフ場はグリーンが素敵です。
パターをするとき富士山が見えたら上り、海が見えたら下り、
ロケーションが最高です。
先週のゴルフの結果ですが、ぼろぼろでしたがクラブをもう宅急便で送っているので
残念ながら練習が出来ません。(有ってもしないとは思いますが)
ただ先週の玉野GCの16番ホール 260yds par4 ドライバーだと突き抜けてしまう
事も(幾分低い確率ではあるものの)可能性があるため、ユティリティーアイアン 20度で
ティーショットしたのですが、グリーン左横3mに着弾(テポドンか?)
ナイスアプローチでバーディー ダハハハ・・・・・・の気分でした。
相変わらずの飛距離とそれに比例して高まるリスクとの間でスコアーが激しく揺れ動く。
明後日はどうなるか? とりあえず楽しんできます。

2日ともお天気がよさそうです。
また熱海紀行は別の機会に
[PR]
by kkouryu | 2006-10-17 05:56 | 京都風景

    

書を始めて十余年       傑作駄作のア・ラ・モード
by kkouryu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31