香龍師範の筆文字の独り言


カテゴリ:アメフト( 9 )



スーパーボウル

スーパーボウルの結果です。
インディアナポリス・コルツ Vs シカゴ・ベアーズは29-17でコルツの勝ち.

小生の毎度おなじみの無責任予想は24-21でベアーズの勝ち。
AFL・NFLのカンファレンス・チャンピオンシップの2試合、スーパーボウルと
この3試合の予想はすべてはずれてしまったのです。
ここまではずれるとかえってあっつけらかんとしておるのです。
結局、QBの差が出たような気がするのですが・・・・
マニングはやっぱり凄い。
ゲームプランの中で、プレー選択の幅が広いのと、
自分のコールしたプレープランが崩れてしまった時の判断力は
グロスマンに比べると、格段の差があったような気がするのですが。

個人的には、ペイトリオッツのブレーディーとマニングは、
完璧すぎて好きじゃあないと言えば好きではないのです。
ベアーズを優勝と予想したのは、ユニフォームがかっこいいと言う点だけでなく、
のりのりグロスマンの1面が出れば、ベアーズがぎりぎり勝つのではないかと
微妙な確率に賭けたのですが・・・・ またしても残念!!!
落ち着きのないプレーが多々見られたのは仕方がなかったのかもしれません。
ワンポゼッションで逆転できる展開で、2シリーズ続けてパスインターセプトを
被弾すると、コルツには勝てないのです。


もうひとつ個人的に一押しは、ベアーズのアーラッカーが凄いと思っていたのです。
ビックゲームのデフェンスは割合保守的にゲームを全体を見ながら進めるものですが
途轍もないビックプレーを2つぐらい決めてしまわないかと期待しておりました。
ベンチの指示も無難にしすぎていたような?気がするのですが。
QBに明らかな力の差があるのだから、スペシャルプレーも有りじゃあないかと思いました。

所詮素人がビデオを見終わった後のコメントですから
何とでもほざいとけと、言われればそれまでです。

今シーズンもプロボウルを残すのみですが、NFLを堪能しました。
キングオブスポーツと言われる、アメリカンフットボールの世界を
楽しむのもなかなかおもしろいのです。
[PR]
by kkouryu | 2007-02-05 23:18 | アメフト


NFL カンファレンス チャンピオンシップ & スーパーボウル

本日は先日予想した、NFLカンファレンス チャンピオンシップの結果のレビューと
これまた懲りもせずに、スーパーボウルの無責任予想の巻といたしたいと思います。

NFC篇

シカゴ・ベアーズVsニューオリンズ・セインツは
予想 24-30でセインツの勝ち
結果 39-14でベアーズの勝ち

またもやはずしてしまいました。
これこそ無責任予想の無責任たる所以です。
個人的に好きなチームや勝手な思い入れで予想しております。
ハリケーン・カトリーナの被害からの復興の象徴として
一気にセインツがスーパーボウルチャンピオンに君臨すると、
勝手なストーリーを描いておりました。

AFC篇

ニューイングランド・ペイトリオッツVsインディアナポリス・コルツは
予想 21-10でペイトリオッツの勝ち
結果 34-38でコルツの勝ち

またしてもはずれてしまったのです。
よくもこれだけはずしてしまうのでしょうか?
腹も立ちません。
コルツのQBマニングの勝負弱さが出てしまうと読んでおりました。
これでマイング一族の悲願が達成への最後のステップに向かうことになりました。

スーパーボウル予想

今回も思いっきり思い入れのみの無責任予想。
ベアーズVsコルツは24-21でベアーズの勝ち。
理由はベアーズのユニフォームが大好き、ただそれでけでベアーズの勝ち。

a0093343_21315325.jpg


いつもお邪魔している、立命館パンサーズの応援のホームページで
紹介されていた本です。
なかなか面白い本でした。
学生スポーツに関わる人々の熱い想いが満載です。
機会があれば是非お読みください。
[PR]
by kkouryu | 2007-01-29 21:34 | アメフト


NFL2006 レギュラーシーズン レビュー NFC篇

昨日に続いて、NFL2006レギュラーシーズン レビュー NFC篇です。

NFC
-東地区-
 ここはとにかく好きなカウボーイズを一押し。
 ローンスターがスーパーボウルでまた煌くと思ったのです。
 QBブレッドソーとT.O.ことテレル・オーウェンスがかみ合って、快進撃の予定でした。
 残念ながら、イーグルスが10勝6敗で優勝、カウボーイズは9勝7敗の2位。
 直接対決でイーグルスが連勝していることが、結局優勝につながったのです。
 同地区対決のウェイトがやはり大きな結果をもたらしたのです。
 残念で御座います。
 来年はいいチームになりそうな気配がしております。
 QBのロモです。一押しです。
 強肩でモビリティーもあり、経験を積めばいいQBになると思いますよ。
 gaoraの解説者によるとファーブ2世という人がいるぐらいですから
 期待していいと思います。

-北地区-
 ここはベアーズ1位予想。
 予想通り13勝3敗でぶっちぎり独走優勝。
 昔からの御贔屓チーム。
 理由はただユニフォームが大好き。
 もしグッツを買うとしたら、絶対ベアーズなのです。

-南地区-
 ファルコンズを1位予想。
 まずセインツだけはないと思っていたのが、なんと優勝。
 台風 カトーリーヌの被害からニューオリンズは復興の雄たけびをあげたのでしょう。
 ここままプレーオフを勝ち抜いて、スーパーボウル制覇して欲しいと
 思うのは小生だけはないと思うのですが、如何なもんでしょうか。
 ファルコンズは7勝9敗で3位。

-西地区-
 新しく本拠地のスタジアムができたカージナルスを1位予想。
 新スタジアムはモチベーションが天井突き抜けると読んだのですが、
 5勝11敗でなんと最下位。 
 優勝はハッセル・ベックが率いるシーホークス。
 オイラは、ここのユニフォームが32チーム中1番嫌いなのです。
 

NFCもAFCと同じように1位から4位までの配ったような結果。
1位予想の8チームの成績は
1位-2チーム 2位-2チーム 3位-2チーム 4位-2チーム
敢闘賞ぐらいもらえそうな成績でした。
8チーム全部当てると、ハワイのプロボウル(所謂 オールスター)に
ご招待だったのですが・・・・・
来シーズンこそもっと本気でデータを分析をして
このクイズに挑むことにしました。


 
[PR]
by kkouryu | 2007-01-18 23:01 | アメフト


2006 NFL レギュラーシーズン・レビュー AFC篇

昨日に続いて、NFLの話題。
いつもNFLはCSのgaora・G+やNHK・BS1などで視聴しています。
毎年gaoraのシーズン予想クイズに応募しますが、なかなか的中しません。
今年応募した予想結果の検証をしてみたいと思います。

NFLは2つのカンファレンスにそれぞれ東西南北の4地区で計8地区
それぞれの地区に4チームが所属しており計32チーム。
各8地区ごとに優勝チームが決まるのです。

まずはAFCから
-東地区-
順当予想すれば、当たり前にペイトリオッツだと思いますが、
QBのブレィディーが憎たらしいぐらいのゲーム運びをするところが
好きになれないのです。
今や凋落の一途にある哀れなチームになってしまった巨人が大嫌いだった小生
アンチの血が騒いでしまうので、ここはQBにベテランのカルペッパーを補強した
ドルフィンズを1位予想したのでしたが、
全くカルペッパーは機能せず、なんと最下位。
Week3で今年は全問正解をあきらめてしまいました。
そのうえ、シーズンオフにはヘッド・コーチのニック・セイバンは
さっさと辞めてしまって、なんとオクラホマ大学のヘッド・コーチに転身するのです。
日本のプロ野球で言うと野村監督が楽天の監督を辞めて、
明治大学の監督になるようなお話。
そのうえ、年俸が5億円を超えるのです。
それくらいアメリカにおけるアメフトの巨大なマーケットがあるのでしょう。
日本では考えられませんよね。

-北地区-
この地区の一押しはベンガルズ。
QBのパーマーが昨年のプレーオフに開始早々足を負傷してしまった無念を
晴らすものと信じて、2005スーパーボウル覇者のスティーラーズを敢えてはずしたのです。
スティーラーズの低迷は予想どうりだったのですが、
レイブンズが13勝3敗のぶっちぎり優勝。
ベンガルズは8勝8敗のイーブンで2位。
ここもはずれでした。

-南地区-
ここは手堅くコルツ。
QBのペイトン・マニングの勝負強さにハイパー・オフェンスが円熟期を迎えているので
自信満々に1位予想。
ここは12勝4敗のダントツの成績でコルツの優勝。
やっと1地区的中。

-西地区-
ここはレイダース以外はどこが来てもおかしくないと思っていたのですが、
とりあえず、予想根拠がないのでオフィシャルのキャプを持っている
ブロンコスを1位予想。
なかなか、デザインがかっこいいのです。
最近はよく若旦那がかぶっております。
結果はチャージャーズが14勝2敗の32チーム中最高の勝率で優勝。
ブロンコスは3位。

今日はここまでにしておきます。
結果は的中1チーム。
1位~4位までそれぞれに配った様に散らばったのです。
残念なのは、日本でも人気の高いレイダースがここ暫く不振続きなこと。
町で見かけるNFLグッツはレイダースが一番多いのです。
個人的には特に好きではないのですが
2勝14敗とこの成績では来期のビジョンもなかなか描けないような気がします。

NFLはFA制度やドラフトなど戦力均衡やリーグとしての繁栄を目指す制度が充実しています。
日本のプロ野球も学ぶ点はたくさんあるような気がします。
全体の繁栄が個々のチームの繁栄であるのです。
その観点でドラフトやFAなど、そして日本シリーズのあり方など
見直す時期ではないでしょうか?
NFLはいくらでもケーススタディーができるモデルだと思いますが。
如何なものでしょうか。

NFCは又の機会にしたいと思います。
[PR]
by kkouryu | 2007-01-17 23:51 | アメフト


試合風景(ハーフタイム)

ハーフタイムのチアの皆さんです。
一糸乱れぬ見事なチアです。
思わず見とれてしまいました。
背筋をしっかりと伸ばすと、凛とした姿勢になるのだと改めて気がつきました。

a0093343_17242317.jpg
a0093343_1725114.jpg
a0093343_1726412.jpg


選手やフィールドのスタッフの人たちも雨の中大変だと思いましたが、
皆さん本当にご苦労様でした。
チアの方、吹奏楽部の方、応援団の方ありがとうございました。
校歌は幾つになっても、熱い思いを沸き立たせてくれます。
あかき血潮 胸に満ちて 
[PR]
by kkouryu | 2006-11-28 17:26 | アメフト


11/26 雨中の関立戦

11/26 子供達のソフトボールの大会が中止になり、時間を持て余していた小生
いきなり思いついて、神戸ユニバー競技場へ向ったのです。
午前11時前に家を出て、新幹線に飛び乗り新神戸へ
地下鉄に乗り換え総合運動公園駅に着くと
岡山では雨は降っていなかったのに、神戸は雨。
ミズノのサーモ何とか、いわゆる暖かいシャツに、やはりミズノのウィンドブレーカー
そのうえにナイキのウィンドブレーカー、アンダーアーマーの厚手の半そでのこれまた
ウィンドブレーカーと水と風の通しにくい素材の服の重ね着、傘もささずに
13:30頃から16:30頃までそこそこの雨風に晒されていたのですが
水も染み込む事もなく、さほど寒い思いもせず過せるのです。
最近の科学技術の進歩は侮るわけにはいきません。

試合結果は16-14で関学の勝利。
甲子園ボウルまでの残り少ない時間、フィジカルもメンタルも最高潮に持って行って
あの甲子園では思う存分暴れてください。
うろ覚えですが、来年から甲子園は改修工事のため野球のシーズンオフは
使えなかったのでは?
しばらくお休みの甲子園には、日本のアメフトをずっと牽引してきた
関学が相応しいのかもしれないなどと負け惜しみをのたまっておるのです。
とにかく雨の中の素晴らしい試合
勝ち負けを超えた、荘厳さも感じた時間と空間でした。

少しだけマニアックなお話し
セカンド クォーター 残り40秒 自陣15ヤード付近 7-7のスコアー
雨のうえに風下
3回連続ショットガンフォーメーションからパス攻撃は???
アイフォーメーションからランニング攻撃で時間をコントロールすべきではと思いながら
グランドに一番近い席で見ていたのです。
「ほんまかいな」と思いつつみていると
スナップミスのセイフティーのよる2点が関学が何もしないままに入っていました。
結果的にはその2点が勝負の分かれ目だったことも含めて
ハンブルとか、パスインターセプト等想定できるリスクが大きすぎたような気がします。
40秒でTDまで85yds、FGまで最低65yds(雨の風下という条件加味してです)を
獲得する事ができるのか?
ロースコアなゲームはリスクをできるだけ回避しながらゲームメイクをと考えますし
戦術的にどうかな?と思ったのですが・・・・
サードクォーターの始まりの空気があまりにも重たい・・・
雨も風も冷たい・・・・・
そのままの空気で時間ばかりが過ぎて、関学のゲームメイクにしてやられたような
試合でした。
追撃のTDは見事でしたし、後半の最初のシリーズも普通のコンディションであれば
FGも決まっていたでしょうし、確かに善戦ですが負けは負けです。
自分達のプレースタイルに拘泥しすぎているのではと
素人の親爺はひとり考えておるのです。
アメフトに興味のない方には申し訳のない内容ですが、
明日は熱戦に花を添えてくれた、応援団(チアガール)をアップしようかなと考え中・・・です。
[PR]
by kkouryu | 2006-11-27 15:48 | アメフト


11/26全勝対決

11/26(日)関西大学アメリカンフットボールの関西学院大学Vs立命館大学の
リーグ戦全勝同士の試合が神戸で行われます。
この試合に勝ったチームが甲子園ボウル(ボールではなくボウルです)に
出場します。
実はこの日、神戸に行ってユニバーシアード スタジアムで応援の予定でしたが、
子供たちのソフトボールの大会があり、参加することなりました。
敢え無く断念。
甲子園ボウルに母校が行くことを信じて、どきどきしながら過ごす一日です。
リアルタイムの放送はなく、深夜にGAORAで放送があります。
ネットで結果を早く知るべきなのか?
どきどきしながら深夜の放送を見るか?
悩んでおります。
来年もリーグ最終戦がこの対戦になりますので来年は絶対に行くつもりです。
毎年すごい試合になります。
胸のエンブレムの誇りに命懸けの戦いが繰り広げられます。

新聞で読んだいい話
明治神宮野球大会の決勝が11/15に行われ、大学の部は亜細亜大学が優勝しました。
亜細亜大学の野球部は紆余曲折があり、大変な時期を乗り越えての優勝でした。
ここからがディリースポーツで読んだお話です。
今年の野球部の新入生の1人が春に心臓疾患で急逝し、彼に日本一を誓った
今シーズンの最終戦で見事に優勝を勝ち取り、神宮で胴上げをされた
監督の手には彼の形見ののミットがつけられていた。
そして11/15その日が彼の誕生日だったそうです。
[PR]
by kkouryu | 2006-11-21 05:08 | アメフト


関西学生アメリカンフットボール 2006

今、gaoraの西京極からの生中継が終わりました。
立命館大学パンサーズVs京都大学ギャングスターの試合は37対0で
我が立命館パンサーズが勝利を収めました。
ギャングスターは昨年の部員の不祥事により、チームの存続すら危ぶまれるような状態に
追い込まれながら、「さすがに、いいチームを作ってきた」と言うのが正直な感想です。
前半はデフェンスについては、TD、FG各一本とパンサーズのオフェンスを
かなり手詰まらせていたような気がするのでもう少し競り合ったゲームになったのでは?
残念なのは、オフェンスに何かスペシャルプレーを用意して来ていなかったのか?
パンサーズのデフェンスがそれをさせなかったのか?
一本それがあれば少しはモメンタムが変わっていたのでは・・・・。と思いました。

甲子園ボウルの思い出-1(続編があるかどうかはわかりませんが)
パンサーズの応援に5年前の甲子園ボウルに初めて見に行った時のことです。
法政大学との試合に勝利し、帰路につくため甲子園を後にして、阪神甲子園の駅に
向かっていました。テレビの解説を終えた、関学ブルーのジャンバーを着た関西学院大学ファイターズの鳥内監督にすれ違いました。勝利の余韻でテンションが上がっていたため思わず
「鳥内監督」と思わずお声を掛けてしまい、勝手にお辞儀をしていました。
名門のチームを長年に亘って指揮をし、時代を築かれた方のオーラに驚いてしまいました。
その時鳥内監督は「今年はおめでとう」と言ってくださいました。
「今年は」ここが肝のような気がします。来年は関学が勝つからと目が言っていました。
勝負師・漢(おとこ)を感じた瞬間で、いまだに忘れられない方です。
ただしその後も3年続けて関西を制して、甲子園に駒を進めているのは
立命館大学パンサーズであることを付け加えておきます。
[PR]
by kkouryu | 2006-10-13 21:56 | アメフト


明日は忙しい

明日の予定は何かと忙しいのです。
信用金庫さんのゴルフコンペが玉野GCであり
帰宅後リッキー(ゴールデンレトリバー 11歳3ヶ月 ♂)を獣医さんに
連れて行き、18:30からgaora(CS放送)の
関西学生アメリカンフットボールの試合をTV観戦。
a0093343_20142460.jpg

リッキーの紹介
通称 リッキー 正式名称 リッキー・スティンボードJr
キャッチコピー 南海の黒豹
知る人ぞ知る 往年の名レスラーより命名しました。
今や国会議員に成り下がった大仁多 厚と死闘を繰り広げておりました。
この夏までは元気だったのですが、9月に耳の皮膚病が悪化して
ただれてしまい、後ろ足まで踏ん張れなくなっておりましたが、
数回通院したところ、元気になりました。老犬なので心配しておりました。
a0093343_20233688.jpg

2004年の甲子園ボウルに立命館大学パンサーズの出場記念キャップです。
明日はgaoraでは、立命館大学パンサーズVs京都大学ギャングスターの
京都ダービーマッチです。
西京極からの生中継です。
地方にいるとなかなかリーグ戦まで観戦できませんが、
CS放送とはいえ生中継で試合を見ることが出来るのは 最高です。
もし視聴可能な方はぜひご覧ください。
胸の母校のエンブレムと誇りを命懸けで守る戦いです。
詳しいルールはわからなくても、スピードとパワーそして気迫はすごいものがあります。
濃ゆい時間になる事は、保証します。
とにかく何かと忙しいものの、楽しい一日になりそうです。 ルンルン気分です。
[PR]
by kkouryu | 2006-10-12 20:48 | アメフト

    

書を始めて十余年       傑作駄作のア・ラ・モード
by kkouryu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
はじめまして
from マナブならCOCOガイド
卵焼き♪
from 食べ歩きにゃんこ
はじめまして
from 観光総合ガイド
ゴルフクラブ人気商品
from ゴルフクラブ人気商品が安いのは!
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧