香龍師範の筆文字の独り言


カテゴリ:書( 59 )



扇面 その三

a0093343_1758569.jpg


扇面その三で御座います。

これは、出来上がりの扇面に自作の歌を2作したためております。
なんとも風情があり、いい感じなのです。
(自分で言ってりゃ、世話がない・・・)

これは、花の東京に旅立つ予定です。
ゼミの教授の元に参ります。

一発勝負なので、あらも見えますがご愛嬌ということで
ご容赦願います。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-11 18:05 |


扇面 その二

京都の扇子屋さんに出していた扇子のその二です。

a0093343_1924062.jpg


晩春の八重桜を見ての一句を、扇面の形の料紙に書きました。
なかなか、趣があって上首尾です。

京都の大学時代の同級生のところに行く予定です。
これは、逆輸入???

毎年、盆暮れに何か作品を送っております。

元気の報せです。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-10 19:06 |


扇面 その一

a0093343_20174096.jpg


扇面に金文にて、「天下泰平」です。
奈良の友人に依頼を受けていたものです。

何を書いているのか、解らないところも味なのです?
今日から、後2枚扇面のご紹介です。

京都の扇子屋さんに仕立てに出していたものです。
書道具屋さんで出来上がりを買ったものと、ほとんど値段は変わりません。

平面に書いたものを、扇子屋さんで加工してもらうのと、
出来上がりのものに書くのとでは、仕上がりが違います。
でこぼこが、いい味を出す場合もありますし、
ただし、書きやすいのは平面に書くほうが簡単です。

一発勝負の緊張感もたまらなく好きなのです。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-09 20:27 |


団扇に俳句

本日の作品です。

最近始めた自作の俳句です。

a0093343_022765.jpg


a0093343_0222871.jpg


如何でしょうか?

そこそこの出来かと一人で喜んでおります。
[PR]
by kkouryu | 2007-06-28 23:45 |


白扇を書いたぞ~!!の巻 その2

前回書いた白扇が少し字が大き過ぎた為、
本日書き直しなのです。

競書(毎月出す 規定と臨書)、近代詩文それぞれ1枚づつ仕上げたあと、
白扇と少し色の入った紙(料紙)にそれぞれ書いたのです。

a0093343_17574682.jpg


金文にて「天下泰平」です。
余白、強弱、かすれ等、絶妙です。
友人に渡すのが少し惜しくなってしまいました・・・・ ダハ!!!

たまたま、友人の依頼から今回、扇を仕立てることになり、
いい経験をさせてもらって、多々感謝なのです。

自作の短歌を料紙に書いたものです。

a0093343_1843320.jpg


写真だと紙の質感が伝わりませんが、これまた紙と文字の折り合いが絶妙で、
我ながら、才気溢れん自分が末恐ろしいと・・・・
いつか世に出たらどうしようか等と、ひとり考えております。

まあ 初夏の一日は楽しく過ぎていくのです。
[PR]
by kkouryu | 2007-06-03 18:09 |


精神一到

5/31の作品

白鳳が横綱昇進の際の口上より

「精神一到」

楷書で丁寧に書くのがこの言葉にはもっともふさわしいのは、
わかっておるのですですが、・・・・・・

楷書が大嫌いな「書道研究書藝院」の高等部特別師範なのです。
何枚か書いたのですが、気に入りません。
かといって、行書に今更崩すのも嫌なので、
思い切って、篆書体で書いたのです。

a0093343_4111471.jpg


優しく書いてみました。
これを少し、芸術的に書いてみるとこうなるのです。

a0093343_4121395.jpg


これらのほうが書いていて楽しいのです。
今年の自分用のT-シャツはこのデザインもいいなと
ほくそ笑んだのであります。

本日もまた、書いたところで沈没です。
ブログの更新は6/1の早朝より失礼いたします。
[PR]
by kkouryu | 2007-05-31 23:59 |


高浜 虚子

5/30の作品です。

高浜 虚子を書いてみました。
書き終えたところで、眠たくなったので、ブログの書き込みは31日早朝です。

a0093343_4504351.jpg


a0093343_451528.jpg


a0093343_4513879.jpg


a0093343_4515973.jpg


紙を長手方向を横にして書いてみました。
面白いなと自画自賛の小生です。

これから、ゴルフクラブ担いで朝のお散歩に参ります。
[PR]
by kkouryu | 2007-05-30 23:48 |


手描きT-シャツ 風林火山篇

本日は、少し趣を変えて手描きT-シャツ創作篇といたします。

お題は昨日、一昨日、と関連した「風林火山」です。

まずは、デザインです。

篆刻篆書字典を参考にそれぞれの字を書いてみます。

a0093343_436740.jpg


次にぺんてる社布描きえのぐを少しの水に溶きます。

a0093343_4385116.jpg


ちなみに、筆もぺんてる社の毛がプラスチック製のものです。

後は描いていくだけです。

完成でございます。

a0093343_442841.jpg


洗濯しても落ちませんし、他のものに色移りもありません。
生地によりますが、今回は25cm四方 4文字でえのぐ2本必要でした。
概ねこの程度必要と思います。
108円×2本です。
値段も使い方も手頃と思います。
ご覧の皆さんも一度挑戦してみてください。
思いのほか簡単です。
約1時間のお遊びです。
[PR]
by kkouryu | 2007-05-29 23:59 |


白扇を書いたぞ~!!の巻

本日は、書道塾に行きました。
ちょうど一ヶ月ぶりなのです。

以前から大学時代の同級生から依頼のあった白扇を書きました。
彼からの依頼は「天下泰平」なのです。
今時のことなので、普通に楷書で書いても面白くないと思い、
篆刻の字体を少しアレンジしてみました。

a0093343_16224032.jpg


扇子に仕立てて、印を押すと感じが変わって面白い物になりそうと、自画自賛しております。

a0093343_16241729.jpg

 
ここでも紹介した、自作の短歌です。
これも扇子に仕立てようと思っております。

京都の扇子屋さんに仕立ててもらうのです。
思ったより安価でやってもらえるのです。
自分用のものを改めて作ろうと思っております。


初めて事はなかなか緊張しますが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
[PR]
by kkouryu | 2007-05-20 16:29 |


与謝蕪村 十番勝負

一昨日、牡丹の句から書いた与謝蕪村でしたが、
他にもたくさん良い句があるのです。
十句選んでみました。

初見、全く下書きもなく、句を最初の印象で思ったままに
書いてみたのですが、思いのほか大変でした。
書き直しなしと決めて書くと緊張感が並ではありません。

子供の手が離れてしまったので、休日は時間の余裕が出来てしまいました。
忙しかった時は、時間の制約の中で落とし所があって、
(この辺でいいや・・・と思えてしまう瞬間です)
ほどほどに楽しくやれていたのですが、
時間がたくさんあるとぬかるみの世界に迷い込んでおります。

書き終えたところで、ブログのアップまでする気力、体力ともなく
書き込みは5/11の早朝にて失礼いたします。

色々書き直してみたいところもあるのですが、
緊張感のなかでの作品で御座います。

a0093343_452563.jpg


a0093343_4531290.jpg


a0093343_4533185.jpg


a0093343_4535036.jpg


a0093343_4541416.jpg

[PR]
by kkouryu | 2007-05-11 23:41 |

    

書を始めて十余年       傑作駄作のア・ラ・モード
by kkouryu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31