香龍師範の筆文字の独り言


カテゴリ:食門来福 食して幸せ( 19 )



夏のおでん ありき

2度目の登場の「ありき」です。

まずは写真から、
目で楽しんでください。

a0093343_1853692.jpg


a0093343_186570.jpg


おでんとお刺身です。
大将にお任せいたしました。

その他、軟骨の唐揚げやカレーの唐揚げ、出し巻き卵など頂きました。
どれもおいしく、やっぱり☆5つなのです。

このお店を知るまでは、岡山の居酒屋は2軒を常連にして行っておりました。
一度ここに行ってからは、その店はご無沙汰にしております。

岡山市中央町辺りに行った時には、お立ち寄りください。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-08 18:13 | 食門来福 食して幸せ


岡山 天神そば

本日の昼食です。

a0093343_1812335.jpg


岡山でとりあえず中華そばというとまず思い浮かぶのがこの「天神そば」
とにかく狭く、お世辞にもきれいな店ではありません。
カウンター6席、テーブルが2つ、
無理やり全員が肩をすぼめてようやく14人で、ぎゅうぎゅうすし詰め状態になります。

無愛想な親父さんに、暑苦しいおばさん達・・・・・
数ヶ月に一回しか行かないものの、おいらの愛くるしい容姿のせいか
いつからか常連さんの扱いを受けておるのです。

a0093343_18192692.jpg


味は、鶏がらのだし、
ずん胴で好きなだけ炊き込むのです。
佐野さんが見たら、目を血走らせて怒鳴りそうな気がします。
鶏がらの澄んだ上品さは望む術も有りません。
麺は細め、具はチャーシュー、もやし、ねぎ、かまぼこ。
メンマはありません。
卵はご希望で・・・・
写真は、2つ玉 850円也

あれこれ講釈を垂れる必要はなく、
長年ここでこの味でやっています。
なにか文句あるかよ~ みたいな感じです。

どうのこうの言っても、数ヶ月に一回天神そば欠乏症が起きるのです。

本日の会話 A=暑苦しいおばはん B=おいら

B: 写真撮ってもええかな?
A: そばの?
B: 誰がおばはんの写真なんか撮るかいな。
A: 頼まれても、嫌やけど・・・
B: 誰も絶対に頼まへんわぁ

周りのお客さん狭い店内で、肩を震わせて笑いをこらえておりました。

実はこれ、1年ぐらい前のリベンジです。
その日は混んでいて、外に行列していたのです。
店内に入れとおばはんの指示。
順番待ちを終えカウンターがあき、おいらの番と思った途端に、
静寂を打ち破るおばはんの声、
(狭い店内、誰もほとんど会話はありません、ひたすら食うのみなのです)
「大きい人は後にして、次の人がここに座って・・・ 広いとこがすぐあくから」
常連に対する優しさなのかもしれませんが、
10数名のお客さんの好奇の目に晒された、おいらのやるせなさは・・・・

今回の写真は仕込みのネタです。
絶対にあのおばはんは、絡んでくると読んだおいらのリベンジは大成功です。

次回はおとなしく無口で帰りたいと思います。
[PR]
by kkouryu | 2007-07-06 18:55 | 食門来福 食して幸せ


三宅商店 春カレー もちろん大盛

所用で、倉敷美観地区の近くに参りました。
用を済ませたところで、ちょうどお昼前なのでした。

この辺りで昼時に空腹になると、三宅商店のカレーか?さくらのそばか?
相当迷ったのですが・・・・・
本日はカレーの気分。

a0093343_17342619.jpg


カレーの大盛りです。

セットにするとデザートに飲み物がつきます。

a0093343_17354133.jpg


〆て 1,100円也

少し贅沢な Lunch Timeなのです。

うろ覚えですが、エアコンはなかったような、というより何処でも同じ無粋な
機械の風は似合いません。
夏は扇風機、冬はストーブだったような?

江戸時代の町屋なのです。
でも、ジャズが流れているのです。
何故だか違和感のない、空間なのです。

スタッフの人たちも関わり過ぎず、ほっとき過ぎず、
いい距離感を保ってくれます。

丁寧なホームページもあります。
とりあえず、倉敷 三宅商店で検索してみたください。

a0093343_1747284.jpg


平日の昼下がりに、ゆっくりとここでお茶をして見たいのですが・・・
なかなかそうは問屋が卸しません。

是非足をお運びください。
いつもの倍ぐらいゆっくりと時間が過ぎていく感じがします。


道すがらの倉敷美観地区のご紹介は、明日以降にさせてもらいます。
ちょっと驚きのシーンに出くわしました。

本日は嫌な引っ張りで終わりとさせていただきます。
[PR]
by kkouryu | 2007-06-20 17:53 | 食門来福 食して幸せ


胡瓜味のコーラもなんだかな?

a0093343_1683528.jpg


本日、会社近くのコンビニで見つけました。
「PEPSI ICE CUCUMBER」
きゅうり味したコーラなのです。

栓を開けた途端に、プ~ンときゅうりの匂いが・・・
おいらは、こおろぎか?キリギリスか?

まあ、とりあえず飲んでみるのです。
味は、少し甘めのメロンソーダ・・・・

きゅうりに蜂蜜かけるとメロン味になるのだから・・・
元をただせば似たようなもの 瓜の仲間なのです。

微妙な味わいです。
期間限定、地域限定、特別仕様、この言葉には
心震わされるものがあるのです。

他のブログで非難ごうごうの人がいましたが、
遊び心なのです。
ペプシ・マン以来、ペプシの遊び心には、
敬服しております。

是非とも皆さんも一度ご賞味してください。


漢字学的にいえば、瓜は漢字が出来た頃に中国にあったものなのです。
漢字一字で表せるものは、その当時中国にあったものなのです。

きゅうり ・胡瓜=胡(えびす)の国から来た瓜 (胡=中国北西部に住む異民族)
かぼちゃ・南瓜=南の国から来た瓜
すいか ・西瓜=西の国から来た瓜

瓜・胡瓜に因んだ俳句を二句

a0093343_1626519.jpg


小林一茶の句です。

a0093343_16263410.jpg


お粗末。おいらの句です。
お後がよろしいようで・・・・・
[PR]
by kkouryu | 2007-06-19 16:27 | 食門来福 食して幸せ


おかべの厚揚げ・ゆば丼

昨日、岡山市民会館に吹奏楽祭を観に行ったのですが、
その前に、おかべに立ち寄りランチタイム。

a0093343_7503493.jpg


おかべ定食 700円也。

a0093343_7501210.jpg


ゆば丼定食 750円也。

a0093343_751312.jpg


一人で2食食ったわけではありません。
家人と義母の3人で、おかべ定食2人前、ゆば丼定食1人前のオーダーです。

ただし、おいらはおかべ定食(ご飯のお変わり自由)に甘えて、
ご飯3杯と、ゆば丼をほんの一口食して幸せなのでした。

ヘルシーなランチも食い過ぎたらよくないような・・・・・???

何はさておき、メニューの紹介です。

おかべ定食の、メインディシュは注文を受けてから厨房で揚げてくれる
厚揚げです。
小さなお店で、カウンターが10数席なので、覗き込めばフライヤーの中で
色付いていく厚揚げの色の変化や香ばしい香りも楽しめます。
特製のたれをかけていただきます。
冷奴も絶品です。
きめ細かい食感に、大豆の風味が閉じ込められておるのです。
冷奴だけで、ご飯が一膳進むのです。
日によって違う一品と、味噌汁と香の物です。


ゆば丼は、ゆばのしっかりとした食感にあんかけの薄味の上品さ、
そこに生姜に三つ葉が何気なく、一段と風味を引き立てるのです。

五ッ星です。

岡山市表町の、シンフォニーホールの搬入口を西に少し歩いたところです。
お店の隣が、豆腐屋さん製造販売です。
産地直送なのです。
そのあたりで、よーく鼻を利かしてみるとお店が見つかります。

お近くにお立ち寄りの際は、是非お立ち寄りを、
お勧めです。
平日の昼間は込み合いますので、少し時間のある時がいいかもしれません。

exciteのサーバの調子が一時期悪かった時に、
最悪の事態を想定して、yahooにもブログを作ってしまいました。
一度お越しください。
http://blog.yahoo.co.jp/ninosan23jp
香龍庵に ようお越し 「倉敷龍陣庵社中謹製」
[PR]
by kkouryu | 2007-06-17 08:15 | 食門来福 食して幸せ


倉敷 とり鳥

土曜日、浜町ソフトボール監督の○田さんと焼き鳥屋さんへ行きました。

倉敷天満屋の北側にある「とり鳥」へ
予約していない人は、お断りをしなければいけないほど盛況なのです。
まさに「満員御礼」状態なのです

入り口で靴を脱いで、店内は板ばりの床。
少しほの暗い店内は、壁に一杯の焼酎。
各地の有名な焼酎が所狭しと競い合うように置かれております。

○田さんが予約でしていてくれたのはカウンター。
店員さんのきびきびとした態度は、いたって気分を良くしてくれるのです。
厨房の中には、いかにも職人という感じを漂わせた店主?と思しき方が、
炭火を調整しながら一本一本丁寧に焼き上げております。

a0093343_18423023.jpg


なるほど美味なのです。
ひっきりなしにお客さんが訪れるはずなのです。
また行きたいと思わせるお店です。

カウンターの冷蔵庫の中に不思議な物体を発見。

a0093343_18454924.jpg


このお店のメニューではみみと呼ぶそうです。
豚の喉の軟骨だそうです。

焼き上がりです。

a0093343_18494147.jpg


歯ごたえしっかり、脂っこくもなくGoodです。
是非お試しください。

その後の報告、
2次会は二人とも倉敷に行きつけの店が無く、
電車に乗って岡山へ
小生行きつけの中央町の○マイルへ

40がらみの罰イチ、3人の子持ちおばさんに絡まれるのです。
そのおばはんを含む団体が帰ってからいつものお店の雰囲気にもどり、
二人でカラオケを何曲か歌って、見事午前様で御帰宅でした。

ボトルがあるのなら、倉敷で改めてボトルを入れて飲み直すよりも、
タクシー代のほうが安いとの事で岡山に向うのです。
なんでも理屈を捏ねれば、理由はつくから不思議というか、無責任な展開。

47歳(1960年生まれ)筋肉のモバイルスーツの上に軽く?脂肪をコーティングした小生と、
47歳(1959年生まれ)小太りな○田さん、
その上二人とも坊主頭のです。
善良なおじゅっさんコンビにも見えるのです。
二人でまったりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。
[PR]
by kkouryu | 2007-06-10 19:10 | 食門来福 食して幸せ


丸福珈琲・五感のクッキー

大学時代の友人より、素敵な贈り物が届きました。

a0093343_18474646.jpg


丸福珈琲のブレンド・コーヒーと五感のクッキーです。
白いクッキーは和三盆仕立てで、上品な甘さ、
口の中に広がる食感もとろけるようでGOODです。
もうひとつクッキーは、甘さ控えめで風味が優しくて、
これまた二重丸なのです。

丸福珈琲はいわずと知れた大阪の味です。
とは言うものの小生は、今までコンビニで時々売られるアイスコーヒーしか
飲んだことはありませんが・・・
千日前にある、老舗のコーヒー店です。
 
明日の朝のお楽しみにしようと思っております。

何はともあれ心から幸せな気分で夕方の涼しい風に
ニコニコしながらブログ更新中です。

今宵も旨い酒が飲めそうなのです。

空はさながら青春の 胸の雄図の象なり
溢るる力示すべく えんじの旗をなびかせて
堂々勝を争わん
グレーター 立命 グレーター立命

心は西京極の空に、
宿敵同志社を迎え撃っておるのであります。

PS.関西学生球連盟の春のシーズンは、わが母校立命館大学が勝ち点5の
  完全優勝で幕を終えました。
  
  この勢いで、アメリカンフットボールもパンサーズが甲子園ボウルを
  制覇しますように・・
  関西学院大学ファイターズとの西京極のリーグ最終戦を見に行こうと、
  密かにお小遣いを残しておるのです。
  関係者の皆さん、西京極で集合しませんか。

   
[PR]
by kkouryu | 2007-06-05 19:04 | 食門来福 食して幸せ


春うらら 食材 蕨(わらび) 藤の花

昨日灰汁抜きをした蕨は、油揚げと炊いてもらいました。

a0093343_18524521.jpg


さて本日の主役 「藤の花」の登場です。

a0093343_1841927.jpg


本当に昨日の朝まで藤棚で咲いていたのだろうと思える花です。
地域によっては、藤の花を「不治」につながるとして
あまり縁起のよくない花として、忌み嫌うところもあるようです。
とは言うものの、当地倉敷の市花です。

阿智神社の「阿智の藤」は県の天然記念物だったような?
また無責任情報でございます。

まずは薄めの衣をつけて、高温でかりっと揚げております。

a0093343_1849922.jpg


試食の結果です。
さっぱりとしていて、灰汁や苦味はありません。
揚げたてを、塩でやるとビールのあてにはいけそうなのです。
もらっても罪にならないところの藤の花は一度試してみる価値はあります。

a0093343_18553019.jpg


うっすらと見える紫色は何とも言えず、季節を感じさせてくれるのです。
[PR]
by kkouryu | 2007-04-30 18:58 | 食門来福 食して幸せ


春うらら 食材 蕗(ふき) 蕨(わらび)

本日は、晩春というよりも初夏の日差しのようなお日柄。

硬式野球のクラブチームではなく、中学の軟式野球部に入部を決めた若旦那と一緒に
岡山市立オリエント美術館に「吉村作治の早大エジプト発掘40周年展」に
行って参りました。

足掛け3年、若旦那と週末や祝日はソフトボール三昧の日々でした。
ほっと一息させてもらっているので御座います。

a0093343_1753614.jpg


路面電車に乗って、ロフトで用事を済ませてオリエント美術館に、
よくこの美術館には行くのですが、さすが吉村作治さんの特別展です、
お客さんは一杯なのです。

もう少しエアコンを聞かせてくれてもいいのではないかと思うほどの、
人いきれで暑くて仕方がなかったのです。
ただ目的の青いミイラマスクに、無事ご対面をして参りました。

もちろん撮影禁止ですから、パンフレット及びチケットです。

a0093343_186386.jpg


その帰り道、高島屋さんの前で、ふるさと市を開催しておりました。
春の味、蕗と蕨を買い求めました。

蕗のキャラブキを炊いてみました。
独特の風味が春の味なのです。

a0093343_18151948.jpg


料理本やネットで炊き方を調べかけたのですが、
じゃまくさくなってしまい、いつものてきとうなクッキングですが、
そこそこの味で御座います。

蕨は現在灰汁(あく)抜き中です。

その市で藤の花をサービスでもらいました。
てんぷらにしたら、いけるとのことです。
藤の花と蕨は明日の調理予定です。

春の味をつまみに本日も気分良く、御酒を気分良く飲んで寝る事といたします。
[PR]
by kkouryu | 2007-04-29 23:43 | 食門来福 食して幸せ


桜あんぱん

昼前、銀行に行ったついでに、お昼ご飯を調達。
名前が気になっていて、一度行ってみようと思っていたパン屋さんに
行ってまいりました。

岡山市妹尾にある、「風が見つけたパンの森」というお店。

季節限定の桜アンパン

a0093343_18133013.jpg


しっとり餡に桜の花の塩付け。
見た目もかわいいのです。

幸せを運ぶメロンパン

a0093343_1815710.jpg


カリッとした食感のパンにふんわりとしたやわらかいクーリム。
甘さもしつこくなくGoodなのです。


定番のカレーパン。
男の子は、大好きなのです。

a0093343_1819066.jpg


いいお店でした。
店員さんの応対も、とてもきびきびしていて良い感じ。
お気に入りに追加なのです。
愛妻弁当のない日は、昼食候補NO,1に、躍り出ました。
[PR]
by kkouryu | 2007-04-05 18:22 | 食門来福 食して幸せ

    

書を始めて十余年       傑作駄作のア・ラ・モード
by kkouryu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31